1歳1ヶ月のムスコ

年末年始の数週間でムスコは見違えるように成長した

(1歳1ヶ月)

・前髪が目にかかるようになった

・パパとは違いちょっと天然パーマっぽくなった

・歩行速度が従来の2倍速くらいになった

・他人の家でもまったく人見知りせず我がもの顔で探検している

・大きな声で「パパ」「ママ」と使い分けて呼べるようになった

・「バイバイ」というと手を振るようになった

・「ありがとう」と言うとおじぎするようになった

・パパと言った後何かを延々と一生懸命話続けるようになった

・階段を上り下りできるようになった(降りるときはバックから)

・靴を(手に)持って外に飛び出すようになった(玄関でもバックで降りる)

・パパ派からママ派に変わった(涙)

・お風呂に一緒に入ろうとするとママを呼ぶようになった

・チャイルドシートに素直に乗らなくなった

・靴下を片方だけ脱ぐようになった

・モノをカーペットの下に隠すようになった

・ずんだプリンを食べてこれまでにないくらい激しくおいしいのサインをした

・おいしくないバナナを積極的に食べなり、バナナ選びがめんどくさくなった

・夜寝るときミルクを渡すと一人で勝手に飲んで、飲み終わってからポイッと容器を捨てて、うつ伏せで寝るようになった

・夜泣きが激しくなった

・下の歯の2本に続き、やっと上の歯が4本生えてきたが真ん中の2本がやや曲がっている(心配)

・スプーンを自分で持って自分で食べないと気がすまなくなったようだ(スプーンを奪うと大泣き)

・歯磨きが大好きで「は・み・が・き・上手かな~」の歌で自分でシャカシャカする

・でも磨いてやろうとすると人に口をあけられるのがキライみたいで嫌がる

・お年玉をもらったらパパにちゃんとハイと渡してくれる(どうもたまたまではないようだ)

大正浪漫調のまちづくり七日町通り



江戸時代から宿場町として栄えてきた会津若松市の七日町(ナヌカマチ)通り

地元のまちづくり協議会が中心となった修景を展開している

写真は駅の待合室とカフェを一体化した駅カフェ

http://www.aizu-furusato.com/ekicafe/



大正浪漫調に修景された街並みはこんな感じ



昔ながらの郷土料理が食べられる渋川問屋

http://www.fukushimaryokan.com/dpunf/aizu/aizuwakamatsu/shibukawatonya/



空き倉庫を洋館風に改修した「会津ブランド館」

http://www.tif.ne.jp/jpn/ati/SearchColumnDetail_g-55-a-2-c-1513.pst



昔ながらの懐かしい感じの商店も多く立地している



建物の修景には市からの補助が出ている

七日町通りにはホントに古い建物と古く見える新しい建物が混在している



会津で最初の洋風建物(大正3年竣工)である白木屋漆器店

http://www.shirokiyashikkiten.com/konnamise.html