無秩序という秩序・ポルトガルのリスボン



ポルトガルの首都リスボン

非常に美しい街で一度は行ってみたいと思っているところである。

けっして同じ形の物が整列して立ち並んではいない。

むしろ無秩序だけどそれが一つのカタマリとしてまた秩序ある風景を生み出している。

私の理想とする都市の概念はこういうものではないかと思っている。

●ポルトガル観光案内

http://www.portugal.or.jp/tourism/index_tourism.html

清渓川再生事業~17万台の交通の行方



韓国の清渓川再生事業

高速道路撤去でそれまで走っていた17万台の交通の行方が気になっていたが

土木学会誌2006.12月号にこの記事が掲載されていた

■消えた17万台の行方

17万台→5万台(もともとの通過交通)→周辺高速道路、幹線街路※1)に分散

     →12万台(通勤・業務交通)→地下鉄、バス※2)に転換

※1)韓国の幹線街路は8~10車線というようなしっかりと整備されているモノが多い

※2)ソウル市内のバス利用者数の増加

   493万人/日→555万人/日(+62万人/日)

正式には来年の交通量調査を待つとしながらも

一応の報告がなされているものは日本ではコレぐらいだそう

バス地下鉄カードの導入やバス中央レーンの設置による

バスの大幅な改善の結果とのことだが、62万人の転換はにわかに信じがたい数値だ。

いずれにせよ、韓国に行っても分からなかった

「消えた17万台の行方」が気になって仕方なかったが、

とりあえずコレでよしとするか。

転生

転生

  • 作者: 仙川 環
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/09/06
  • メディア: 文庫

1歳になったムスコの今

早いものでムスコが生まれてもう1年が過ぎた。

あらためてムスコを見てみると確かに身長も伸びかなり重くなった。

●一歳のムスコの今

・とことこ休むことなくあちこち歩いて移動する(パパと手を繋いで歩くと注目の的だ)

・ベビーサインの教室では覚えが早いとほめられた

・いくつのかのベビーサインを駆使する(最近のお気に入りは電気)

・バナナは自分で持って食べる(バナナをモットというサインがもっとも得意)

・何かを重ねたりすると自分で拍手する(そして拍手を求める)

・ゴミ箱に捨ててきてとごみを渡すとポイッと捨ててくる(何でもぽいするのでやや危険)

・睡眠時間が少なくなって夜泣きが増えた(パパの方がムスコよりよく寝ていると愚痴られている)

・扉の開け閉めが得意だが、鍵を閉めると悲しくて泣く。

・人見知りはしない。ただ警戒すると固まるようだ。

・転ぶときはちゃんと手をつくようになった。

・相変わらず携帯が大好きで、なめ過ぎたせいかママの携帯の充電がすぐなくなるようになった。

・電車が大好きになったようで、電車を見ると手を叩いて喜ぶ。

・「せんろはつづく」の絵本を持ってきて必ず「遮断機をつけよう。踏み切りだ」のページを開いてて自分で拍手してよろこんでいる。

・パパ、ママはマスターしてしゃべる。「アッタ。アッタ」と何かを持ってくる。

・イッチョマエに電話を首と肩の間に持って「ああ・・うう・・」と誰かとしゃべっている。というか電話をしているママとクリソツだ。

・これまでは立つか座るかどちらかだったが、ときどきソコロヘンでゴロンと寝転がるようになった。これもママのマネではないだろか。

・風船に大興奮する。奇声をあげて大喜びだ。

・リモコン系に目がなく、電気をつけたり消したり、テレビをつけたり消したりは日常茶飯事だ。

・棚から本や雑誌その他諸々を勢いよく取り出して、部屋中にぶちまけている。もう気にしなくなったが。

・音楽にあわせて全身でノリノリ。だいたいどんな音楽でもイイようでウソだろというような曲にもニコニコだ。

東京ディズニーランド ミュージカル・ツアー

東京ディズニーランド ミュージカル・ツアー

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2005/09/21
  • メディア: DVD


日本三奇橋の一つ「神橋」~日光の世界遺産



日光にある朱塗に映える美しい神橋

平成11年12月に世界遺産に登録されている

はじめて聞いたが、日本三奇橋(山口県の錦帯橋・山梨県の猿橋)の一つだという

現在は期間限定で特別に渡ることができるそうだ

次に渡れるのは50年後とのこと。これは浪漫だ。

500円なんて寄付だと思えば惜しくない(でも私は見ただけ)

●「神橋」HP

http://www.shinkyo.net/index.shtml

ほぼ日手帳



話題の「ほぼ日手帳」(http://www.1101.com/store/techo/index.html

をネットで購入した。

日単位で管理することが自分のスタイルに合わないと思っていて

これまで気にしていなかったが、HPを見てつい買ってしまった。

毎年ピンとくる手帳がなくて探し回っていたので、

こんな感じのコンセプトはすごくイイ。

最近「WEB2.0」という概念を聞いたが、この商品はまさにソレだ

毎年ユーザーの声を反映しながらも独自の考えを貫きオリジナルを造る

売るところを限定することで値段が下がらなくて得をした気分になる。

売れる商品の一つの完成形のように見えた。

届くのが楽しみだ。

ほぼ日手帳の秘密 2007

ほぼ日手帳の秘密 2007

  • 作者: ほぼ日刊イトイ新聞, 山田 浩子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/10/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)