材料費1000円!親子で自作ミニ四駆コースを作って遊ぼう

image
正月帰省中、せっかくミニ四駆を持ってきたのに近くに走らせるコースがない。本格的なコースはかなり高価なので、それなら自分たちで作っちゃおう!ということで親子でミニ四駆コース作りに挑戦。

image

image

こんなミニ四駆コースを作りたい!と兄弟が描いたイメージ図。上が長男、下が次男。結構いろいろ考えてるみたい。いろいろ作りたいところだけど、初めてなのでまずは基本のオーバルコースを作って後から拡張できるようにしよっか。

image

ということで、タミヤの公式サイトからジュニアサーキットコースやオーバルコースの設計図をダウンロード。コース幅15cm、壁の高さ5cmが基本となるみたい。

必要な物
プラダン 900×1800 3枚
養生テープ×2
補強テープ×1
グルーガン×1
グルースティック いっぱい
接着剤(必要に応じて)
カッター

image

段ボールでも作れるけど、強度が低すぎるのでそこそこ固くて加工しやすいプラダンを使うことに。薄いプラダンなら1枚180円くらいなので、テープとグルースティック(接着剤)合わせても材料費は1000円もかからなかった。ちなみに、グルーガンとカッターは一番安い物でOK。補強はテープでできるのでチューブ接着剤はなくてもよい。

image
基本的に作業のほとんどは長男担当。プラダンは線が入っているのでカッターで切りやすい。

image
養生テープで壁を取り付けて、グルーガンで接着剤をつけていく。この作業が面白い!すぐに接着剤が固まるしプラダン同士もよく接着する。だた、交換用スティックが思った以上にどんどん消費されていく。最終的にはテープでガチガチに再度固定することになる。

imageimage
一番苦労したのは、レーンチェンジの部分。あっという間に長男が自分で平面図を描いて、さっと段ボールでミニ模型を作ってから実際の作業に着手。こういうのが1人で考えてできるようになった長男にとても成長を感じる。

image

完成が近づくにつれて興奮してきた次男もコース作りにようやく参加、テープで補強担当。

image

コーナー2個、スロープ、レーンチェンジのパーツが完成。分割して作ることで、後々の拡張性と片付けにも一応配慮。それでも結構でかい。

image

作業時間6時間!パーツを組み合わせてなんとかオーバルコースの完成。

早速、自分たちのミニ四駆を走らせてみて、大興奮な息子達。走らせてはミニ四駆を調整し、調整しては走らせてみて。これは、楽しいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でタイログをフォローしよう!