埼玉サイクルエキスポ2014で子ども用ロードバイクの試乗ができたよ


2/15(土)~16(日)に開催された「埼玉サイクルエキスポ2014(SAITAMA CYCLE EXPO2014)」に家族で遊びに行ってきた。我が家にとっての一番の目的は、子ども向けのロードバイクの試乗ができるということ。家族でロードバイクに乗って自転車旅行するのがささやかな夢なので、こういうイベントに参加することは結構楽しい。
“埼玉サイクルエキスポ2014で子ども用ロードバイクの試乗ができたよ” の続きを読む

大会最年少6歳長男も無事完走!第1回瀬戸内しまなみ海道サイクリング尾道大会


10/21(日)に開催された「第1回瀬戸内しまなみ海道サイクリング尾道大会」に6歳の長男と二人で出場してきた。参加したコースは、「クルーズ50コース」。尾道からフェリーで生口島まで行って、生口島を1周して帰ってくる全長約50kmのコースだ。大会は四国で同時開催されている今治大会とあわせて2000人を超える規模だったとか。その中でも、我が家の6歳児は今大会出場者の最年少だそうだ。出発前の集合場所には、朝からたくさんの出場者たちが集合。長男は一番になってトロフィーをもらいたい!と言っていたけど、今回はレースではなくサイクリング大会。こんなに長いコースは長男は走ったことがないし、私はかなり久しぶり。目標はもちろん二人で完走だ。
“大会最年少6歳長男も無事完走!第1回瀬戸内しまなみ海道サイクリング尾道大会” の続きを読む

ロードバイクの1ヶ月点検

CIMG7962.JPG
ロードバイクを購入して1ヶ月が経過
購入した自転車店(http://www.kanagaki.co.jp/)の方から、1ヶ月たったら点検を受けてくださいと言われていたのでお店に行くことに。
毎日キレイに拭いていたし、タイヤに空気も入れていたが、
ワイヤーが緩んでしまっていたりするらしい
知らなかったのがタイヤの空気圧、
タイヤに書いてある数値(125なんちゃら)が適正値だと思って、毎日一生懸命空気を入れていたのだがこれはMAX値らしく、だいたい110ぐらいでいいそうだ
これで、すぐ空気が抜けるのと、入れるときが大変(ロードバイクは高圧力の空気入れを使用するので)な問題は少しは解決か
ここのお店の担当者の方はとても優しいので
整備が不安なワタシのような初心者はいつでも自転車店に寄ることができる
いろいろ、自転車に乗り始めてから感じた疑問も素直に聞くことができるのが嬉しい
ちなみに今回の点検も一切費用はかかっていない
部品交換が必要なときだけその分の費用が請求される仕組みだそうだ
ロードバイク、大切に扱っていこうっと

ロードバイクで自転車通勤を始めたときに決めた自分ルール

ST330001.JPG
片道12km、往復24kmの自転車通勤を始めて約3週間がたった。
自分ルールを設定して、楽しみながら続けること、今のところ順調!
(といっても先週はなんだかんだで一度も乗らなかったが、それも想定内)
auのRun&Walk(https://run.auone.jp/myworkout/index.html)で毎日の走行記録をつけることをはじめたり、
ジオキャッシング(http://etrexer.web.infoseek.co.jp/)の設置場所を探しながら走ってみたり・・・
■ロードバイクで自転車通勤を始めたときに決めた自分ルール
・まず、自転車通勤を始めたのはロードバイクに乗ってみたかったからという理由が一番大きいので、とことん自転車を楽しむ。
・雨の日と気分が乗らない日と呑みたい日は自転車に乗らない。
・安全対策に気を使い、きちっとヘルメット、夜間のライト(前と後)、手袋、明るい色のウインドブレーカーを必ず装備する。
・家に帰ったら、ロードバイクをキレイに拭いて、空気を入れる。
・毎日ちょっと違う道を通るとか、少しだけ寄り道をして日々の変化を楽しむ。

初めてのロードバイク購入!ロードバイク初心者のために

欲しかったロードバイク、とうとう購入
明日より、毎日の通勤で自転車ライフをスタートさせる予定
自宅から会社までは約10km
運動不足解消にもちょうどいい距離じゃないかと思う
ST330021.JPG
購入したのは「GIANT DEFY3」(http://www.giant.co.jp/giant09/bike_datail.php?p_id=R0205025&action=outline)というロードバイクの入門モデル
高価なロードバイクの中でもかなり安価で、補助ブレーキもついているなど初心者にもやさしい
何より、格好いい!せっかく高い買物なのでこれは譲れないのだ。
GIANTというメーカーは対面販売が基本ということらしく自転車店でしか購入できないというのもこだわりを感じさせる。
自転車店に相談しながら購入するスタンスとしたが、
本でいろいろ知識を詰め込んでいろいろ聞いてみたけど、
「まあ、難しく考えず気楽にはじめてみましょう」ということ
確かにロードバイクの入門書にはやたらプロっぽいこだわりがありすぎて
ちょっと敷居が高いと感じていたので、そう言われたら気が楽になったかも
さて、財政的理由からオプション込みで10万円以内でを目指した今回のロードバイク一式の購入
子供を2人を持つパパの立場としてはこれが限界かも
ロードバイク本体(安くて乗りやすくてそしてカッコいい) 7万8千円
ライト(深夜に帰宅するためできるだけ明るいタイプ) 3千円
テールランプ(夜間の明るさ強化のため) 2千円
スタンド(つけない人も多いみたいだけど当然実用性重視で) 2千円
ヘルメット(やっぱり安全重視で) 5千円
自転車用鍵(ワイヤーが長くて少し太めのもの) 3千円
足に巻くバンド(チェーンで汚れないように右足分だけ) 1千円
ロードバイク用空気入れ(1週間に1度は入れてくださいとのこと) 3千円
ロードバイク用手袋(試し乗りで1時間ほど走ったら手が冷たくてツライから) 3千円
以上でだいたい10万円となる
実はワタシはこれだけでは足りず、持っていない下記のものも購入
バックパック(風通しがよくてレインカバーもついている自転車用のリュックサック) 1万2千円
ウィンドブレーカー(自転車向けの薄手であったかいけど通気性もいいタイプ) 1万円
なんだかんだで12万円はかかってしまった
初めての購入としてはどんなもんだろう
アドバイスが受けられる自転車店での購入ならこんなものではないだろうか
とにかく、久しぶりの大きな買物、新しいことへのチャレンジにかなりワクワクしている
試運転での印象はとにかく自転車が軽い(10kgを切っている)ことと
スピードが簡単に出すぎて怖いということか
もうそんなに若くはなくなったことを自覚しながら、ムリをしないことを第一に今後楽しんで行きたいと思う。
「かっこいい!よかったね、パパ」の自分のことのように喜んでくれたムスコたちの言葉も嬉しいもんだ。