JBMXFシリーズでの初表彰台!次男の2017JBMXF J1シリーズ 第2戦/西日本第2戦 岸和田大会

Untitled
5月GWに大阪にやってきて3日目はいよいよ「2017JBMXF J1シリーズ 第2戦/西日本第2戦 岸和田大会」当日。次男はこの日BMXレースをはじめてから初の国内最高峰のJBMXF J1シリーズでの表彰台にのぼることができた。

Untitled
同じ世代で競うBMXレースの世界。年齢が細分化されているとはいえ、全国レベルのレースでは出場するトップレベルの選手はいつも同じなので、概ねレース結果も始まる前からある程度分かってしまう。この傾向は年齢が上がれば上がるほど顕著となる。BMXを辞めないで残り続けるのは勝てる選手がほとんど。そして、勝てる選手ほど努力を惜しまず練習を続ける傾向にある。このため、選手の2極化がどんどん進んでしまう。そんな厳しい世界の中で、子どもたちがBMXレースの喜びを感じて、次の練習への糧として続けていくためには、「勝つこと=表彰台にのぼること」はやっぱり重要なファクターなんだろうと思う。(参考:LongコーチのBMXクリニック by BMXKIDS

“JBMXFシリーズでの初表彰台!次男の2017JBMXF J1シリーズ 第2戦/西日本第2戦 岸和田大会” の続きを読む

GW大阪遠征の初戦!2017JBMXF J2関西シリーズ第1戦 岸和田大会

Untitled
5月GWに大阪にやってきて2日目は「2017JBMXF J2関西シリーズ第1戦 岸和田大会」。サイクルピア岸和田BMXコースで2日間連続で開催されたJBMXFシリーズの初戦だが、J2シリーズなので翌日のJ1シリーズの前哨戦的な位置づけ。翌日のJ1レースに向けて、全国から遠征して集ってきているため出場ライダーはほぼ一緒。

“GW大阪遠征の初戦!2017JBMXF J2関西シリーズ第1戦 岸和田大会” の続きを読む

次男のJBMXFシーズン開幕レース!2017JBMXF J2秩父シリーズ第1戦

Untitled
この日は「J2秩父シリーズ第1戦」、次男にとっての2017JBMXFシーズンの開幕レースだ。

最近どんどん調子が上がってきていた次男だったけど、レース前日のトレイルジャンプで転倒してしまい、足を痛めてしまった。レース本番の緊張も重なって、せっかく得意になってきたスタートでペダルが踏み込めない悪循環に。いや、それはもともとかも。とにかく次男だけでなくみんな何かを抱えて走っている。それでもレースに出る以上、今やれることを精一杯やるだけ。

“次男のJBMXFシーズン開幕レース!2017JBMXF J2秩父シリーズ第1戦” の続きを読む

風が吹いたら足回らず。2017JOSF4月緑山定期戦

Untitled
Untitled
この日はやたらと風の強い1日。トリプルエントリーだろうがなんだろうが、レース経験を積むためにどのレースも毎回本気で走っている次男。ただ、風にはめっぽう弱い。この日はレース中にすぐに疲れ切ってしまい、足が全然回せていなかった。それでもなんとか、ミルキー8クラスとMTBノービスキッズクラスで準優勝。早く3連勝してクラスアップしたいのになかなか優勝できない最近の定期戦。まだまだ実力不足だね。
“風が吹いたら足回らず。2017JOSF4月緑山定期戦” の続きを読む

24インチMTBでクルーザークラス参戦?「Multiple speed gear systems are permitted(多段変速ギアシステムは許可される)」

Untitled
この日は24インチのマウンテンバイクでBMXコースを走る長男。久しぶりに秩父滝沢サイクルパークにやってきた。

2017年のJCFルール改訂では、12歳以下のビンディングペダル禁止が規定されて話題となったが、もう1つ大きな変更として追加された一文がある。それが、「Multiple speed gear systems are permitted(多段変速ギアシステムは許可される)」。シングルギアのシンプルなBMXレーサーにわざわざ変速ギアを搭載するような車両はまず販売されていないし、苦労してつけたとしても、レースでのメリットは感じられない。オフロードショートトラックの多段ギアの自転車といえば、やっぱりマウンテンバイク。つまり、これはマウンテンバイクでもBMXレースに参戦できるように、裾野が広がったということではないだろうか。
“24インチMTBでクルーザークラス参戦?「Multiple speed gear systems are permitted(多段変速ギアシステムは許可される)」” の続きを読む