クルーザーにもカーボンフォークを装着→まず見た目がgood!

Untitled
次男の24インチBMXクルーザー「Redline PROLINE JUNIOR 24 」のカスタム記録。クランク、ペダル、ステム、ハンドル、グリップ、チェーンリングに引き続き、今回はフロントフォーク交換。遂にカーボンフォークに手を出してしまった。日本ではまず見かけたことのないBOMBSHELLの24インチ用1インチカーボンフォーク。もう、軽いとか軽くないとかより、見た目がダントツに良い!Redlineの赤にBOMBSHELLのちょっと尖った感じの黒のカーボンフォークの組合せが最高にgoodだと思う。
“クルーザーにもカーボンフォークを装着→まず見た目がgood!” の続きを読む

BMXクルーザーでタイム計測会@秩父滝沢サイクルパークBMXコース

今考えてみたら、数か月前から予兆は確かにあった。ジャンプをたくさんするようになってから、フロントフォークにガタツキを感じることが多くなってきたのだ。そんな時にはフォークの締め付けをし直したり、ヘッドパーツをキレイにしてつけ直したり、交換したりして使っていたけど、この日はそれまでとは明らかに異なるほど大きくぐらついた。カーボンフォークの根本部分がグラグラで折れる一歩手前だった。折れる前に気がついてよかった。

Untitled
ということで、この日は24インチのBMXクルーザーで1日練習することに。秩父に持っていってもほとんど乗ってなかったので、まあ結果オーライということにしておこう。

“BMXクルーザーでタイム計測会@秩父滝沢サイクルパークBMXコース” の続きを読む

JBMXFシリーズでの初表彰台!次男の2017JBMXF J1シリーズ 第2戦/西日本第2戦 岸和田大会

Untitled
5月GWに大阪にやってきて3日目はいよいよ「2017JBMXF J1シリーズ 第2戦/西日本第2戦 岸和田大会」当日。次男はこの日BMXレースをはじめてから初の国内最高峰のJBMXF J1シリーズでの表彰台にのぼることができた。

Untitled
同じ世代で競うBMXレースの世界。年齢が細分化されているとはいえ、全国レベルのレースでは出場するトップレベルの選手はいつも同じなので、概ねレース結果も始まる前からある程度分かってしまう。この傾向は年齢が上がれば上がるほど顕著となる。BMXを辞めないで残り続けるのは勝てる選手がほとんど。そして、勝てる選手ほど努力を惜しまず練習を続ける傾向にある。このため、選手の2極化がどんどん進んでしまう。そんな厳しい世界の中で、子どもたちがBMXレースの喜びを感じて、次の練習への糧として続けていくためには、「勝つこと=表彰台にのぼること」はやっぱり重要なファクターなんだろうと思う。(参考:LongコーチのBMXクリニック by BMXKIDS

“JBMXFシリーズでの初表彰台!次男の2017JBMXF J1シリーズ 第2戦/西日本第2戦 岸和田大会” の続きを読む

GW大阪遠征の初戦!2017JBMXF J2関西シリーズ第1戦 岸和田大会

Untitled
5月GWに大阪にやってきて2日目は「2017JBMXF J2関西シリーズ第1戦 岸和田大会」。サイクルピア岸和田BMXコースで2日間連続で開催されたJBMXFシリーズの初戦だが、J2シリーズなので翌日のJ1シリーズの前哨戦的な位置づけ。翌日のJ1レースに向けて、全国から遠征して集ってきているため出場ライダーはほぼ一緒。

“GW大阪遠征の初戦!2017JBMXF J2関西シリーズ第1戦 岸和田大会” の続きを読む

次男のJBMXFシーズン開幕レース!2017JBMXF J2秩父シリーズ第1戦

Untitled
この日は「J2秩父シリーズ第1戦」、次男にとっての2017JBMXFシーズンの開幕レースだ。

最近どんどん調子が上がってきていた次男だったけど、レース前日のトレイルジャンプで転倒してしまい、足を痛めてしまった。レース本番の緊張も重なって、せっかく得意になってきたスタートでペダルが踏み込めない悪循環に。いや、それはもともとかも。とにかく次男だけでなくみんな何かを抱えて走っている。それでもレースに出る以上、今やれることを精一杯やるだけ。

“次男のJBMXFシーズン開幕レース!2017JBMXF J2秩父シリーズ第1戦” の続きを読む