JBMXFシーリーズ本番前日の前哨戦!ほぼ同じメンバーで走る「2018JBMXF J2新潟シリーズ第1戦」

Untitled
この日はJBMXFシーリーズ本番前日の前哨戦。BMXレースは国内最高峰のJBMXFシリーズが全国のBMXコースでも持ち回りで開催されている。その下部大会の位置づけとして、各地域のBMX団体が主催する大会のいくつかをJ2シリーズとして開催している。JBMXFシリーズが本番で、J2シリーズは練習というイメージを持っているBMXレース関係者は多い。我が家もその認識だ。今年はJBMXFシリーズ第2戦新潟大会の前日にJ2新潟シリーズ第1戦が開催されるスケジュールとなっており、つまり2日連続で同じ場所でほぼ同じメンバーで同じようなレースが開催される。新潟大会に向けた次男の準備もバッチリだ(髪を切りました)。
“JBMXFシーリーズ本番前日の前哨戦!ほぼ同じメンバーで走る「2018JBMXF J2新潟シリーズ第1戦」” の続きを読む

次男、準決勝で自己ベストタイム更新?第10回秩父市長杯/2018JBMXF J2秩父シリーズ第2戦

Untitled
この日は『第10回秩父市長杯/2018JBMXF J2秩父シリーズ第2戦』に次男が参戦。この日も父所用のため不在だったので、母子参戦。頼んではいないけど、気を利かせて動画と一言コメントが不定期に送られてくる状況だった。

“次男、準決勝で自己ベストタイム更新?第10回秩父市長杯/2018JBMXF J2秩父シリーズ第2戦” の続きを読む

第35回全日本BMX選手権大会/年齢別のBMXは準々決勝止まり・クルーザーは決勝7位で終了

18-07-08-0800
年に1度、BMXレースの日本一を決める「全日本BMX選手権大会」は規定で7月の第1週の日曜日に開催することが定めらている。毎年この時期はやたら暑い。暑くて辛かったレースとして記憶が残るのが、2年前の大阪・大泉で開催された全日本BMX選手権大会、今回はそこまでではなかったけど、それでも日焼けがやけど状態になるくらい暑い1日になった。次男の参加する年齢別Boys9-10クラスは、全国各地から42名のエントリーがある最大のボリュームゾーン。多分、全日本としては年齢別としては過去最大じゃないだろうか。この人数が予選3ラウンド、準々決勝、準決勝、決勝までの計6回も走って日本一を決める。さらに、クルーザークラスにダブルエントリーしている次男は、予選3ラウンドと決勝の4レースも加わる。クルーザーとのダブルエントリーで両方とも決勝まで残ったライダーは10レースを走っている。非常に過酷な状況だと思う。

“第35回全日本BMX選手権大会/年齢別のBMXは準々決勝止まり・クルーザーは決勝7位で終了” の続きを読む

全日本BMX選手権大会の1週間前の前哨戦!2018JBMXF J2茨城シリーズ#1

0333
この日は、ひたち海浜公園で開催された「2018JBMXF J2茨城シリーズ#1」に参戦。ちょうど1週間後に同じ会場で全日本BMX選手権大会が開催されることもあり、調整のための参加する選手も多く全日本の前哨戦といったところ。BMXレースでは大会開催に合わせて練習コースを変えていくことが多い。それだけ地の利というものが大きいということだと思う。当然ながら、速い選手はどこでも速いんだけど。
“全日本BMX選手権大会の1週間前の前哨戦!2018JBMXF J2茨城シリーズ#1” の続きを読む

超高速運営で「2018JBMXF J2秩父シリーズ第1戦」

Untitled
午後から雨予報の秩父。そのため、通常は1日かけて行うレースの進行を早め、午前中に全部終わらせるという方針により運営された「2018JBMXF J2秩父シリーズ第1戦」に次男が参戦。私はいつも通りのスタッフ参加。前回のJ2秩父は初めての完全雨天レースだったけど、今回は、お昼までに表彰式までにレースを全部終わらせるためにほぼノンストップで回し続ける初めての超高速運営でのレース。次男も含めBMXとクルーザーのダブルエントリーの選手は一切休みを与えられず走り続ける過酷なレースになったと思うけど、優秀なチーフコミッセールのもと、選手とスタッフの皆さんの全員体制で大雨が降る前に運営はなんとかやりきれた。
“超高速運営で「2018JBMXF J2秩父シリーズ第1戦」” の続きを読む